トップ   >   キャリアカレッジとは

キャリアカレッジとは

自分の意志で生きる女性のために

キャリアカレッジのミッション

Equal Opportunity
Equal Participation
With your Choice

皆に等しい機会があり、皆が参画できる社会の中で、自分の意思で生きる女性を応援します。

世界各国の男女格差に関する「グローバルジェンダーギャップレポート」において、日本は、136か国中104位という結果が報告されています。
女性がこの国の意思決定に参画していないこと ― 国会にも、会社の役員会にも、女性が参加していないことが、その主な理由です。

21世紀のリーダーには、エンパシー(共感する力)が求められます。地球規模に広がる市場を理解するために、そこに生きる人々に対するエンパシーが必要であり、世界の人々と共働するためにもエンパシーは欠かせません。21世紀に入り、競争から共創の時代になりました。企業には、成長のみならず、持続可能な社会に対する責任が求められるようになりました。このようなパラダイムシフトの中、多様性のもたらす普遍的な価値に注目すれば、女性がその意思決定に参画することの価値も、自ずと見えてくるのではないでしょうか。

キャリアカレッジの取り組み

1.働く女性の支援

自分の意志で生きる女性を支援するために3つのプログラムを用意。それぞれ対象者に合わせたカリキュラムで、学内外の多彩な講師陣によるきめ細やかな指導が受けられます。

  • ビジネスベーシックコース
  • マネジメントステップアップコース
  • 起業家・新規事業創造コース
  • エグゼクティブ共創コース

2.女性活躍促進に挑戦する企業の支援

ダイバーシティ推進 ⇔ イノベーション

多様性はイノベーションの源と言われています。ダイバーシティの推進は、イノベーションを実現する大きな力になります。女性のリーダーシップの特徴の一つは、チーム型組織創りにあります。女性管理職が増えることにより、組織に多様性がもたらされるだけでなく、ヒエラルキー型組織から、イノベーションを実現するチーム型組織へのパラダイムシフトが実現することは、企業全体のメリットになります。

しかし、ダイバーシティを活かす組織を実現することは、それほど簡単ではありません。

海外における女性活躍促進の成功事例を見ると、女性役員や部長が存在する組織における女性は比較的スムーズにキャリアアップを実現しているという報告が上がっています。しかし、日本においては、女性の役員や管理職登用の前例のない会社も多く、このような環境下で、女性管理職比率30%を目指す取り組みが始まりました。

このような中、多くの企業で、ダイバーシティ推進のための試行錯誤は始まっています。「昭和女子大学キャリアカレッジ」では、企業の取り組みが、企業にとってのコストや人々のストレスの源ではなくイノベーションに繋がる付加価値となるために、さまざまな支援を行って行きます。

3.女性が活躍できる社会の支援

女性の社会進出は、その国における女性を取り巻く環境により決まると言われています。このため、女性の社会進出を促進するためには、社会全体が変わる必要があります。女性を取り巻く環境である社会、企業、家庭の3つが一貫性を持ち変化することにより、スムーズな社会変革が実現します。

「昭和女子大学キャリアカレッジ」では、ダイバーシティを推進する新しい社会を共に創造するために、社会への発信や啓発活動を行います。ダイバーシティ推進が、企業、社会、家庭にとって意義あるものとなり、子どもたちが安心して成長できる地域社会を実現するために、多くの方々の協力と連携を呼びかけて行きます。

キャリアカレッジで学ぶ5つのメリット

1.女性のニーズ・状況に即応したカリキュラム
男性中心の職場でのマネジメントの知識や経験の不足など、女性が直面している課題に即したカリキュラムが特徴です。
2.経験豊富な実務家を中心とした講師陣
マネジメントやマーケティングなどステップアップに不可欠な知識を専門家が分かりやすく解説します。カリキュラムをこなしていく中で、スキルとマインドの両方が育成されます。
3.意識の高い仲間や講師との出会いによるネットワークの構築
講座の受講を通じて生まれる新しい人脈は、あなたの人生を大きく変えていくことでしょう。会社の同僚や学生時代の
友人とは違った学友との交流も大変有意義なものです。
4.図書館をはじめ大学施設の利用が可能
図書館の他、富士山を望む神奈川県または千葉県房総半島の「学寮」や米国ボストンにある「昭和ボストン」を利用できます。また学内でのイベントや講演会などへの招待もあります。
5.専門家による継続的なキャリア支援や起業支援
提携信用金庫による起業準備のサポートや、大学内での創業期の事務所提供などがあります。また、「起業メンター」による相談サービスも受けられます。

キャリアアドバイザーによるアドバイス、起業家・司法書士・行政書士・税理士・社会保険労務士・中小企業診断士などによる就業・起業への支援など、幅広いサポートを提供します(一部有料)

ページの先頭へ